他人事ではないハゲ

皆さんはM字ハゲという言葉をご存知でしょうか?男性なら知っている人も多いでしょうが、女性ではあまり聞きなれない言葉ではあります。M字ハゲは、剃り込み部分がどんどんとハゲ上がってしまい、生え際中央部はそのままの状態であるはげ方を言います。

 

真正面から見たら、アルファベットのMの字のように見えるので、そういう名前が付いたようです。

 

そもそも、どうしてこういうはげ方になるのでしょうか?原因は、いろいろと考えられていますが、Mの字になる原因としては有力なものはありません。抜け毛の原因としては、やはりストレスであったり、睡眠不足であったり、また喫煙であったり、更には食生活による血行不良や皮脂の異常分泌が挙げられます。M字ハゲの原因として考えられているもの、それは目の疲れから来るものがあります。

 

これだけパソコンが普及して、仕事はもうパソコンなしでは何もできないという企業も多いのではないでしょうか?中には1日中パソコンと向かい合っているような職種もあるはずです。

 

そんな中、目の疲れがM字ハゲに繋がるという情報があります。M字ハゲの2つの山のポイントは、目への血流が通っている場所だというのです。パソコンの画面を長時間見つめる事で、目の疲れが溜まり、血流が悪くなるため、その箇所に生えていた毛髪が抜け落ちてしまうという理由なのだそうです。

 

この症状を改善するためには、一体どうすればいいのでしょうか?自身がM字ハゲになったので、仕事を辞めますというのは、やはり社会人として通る話ではありませんよね。

 

まず、パソコンを仕事で使用するとしても、少し目を休憩させる事でしょう。1時間に1回でも、2時間に1回でもいいので、ずっとパソコンとにらめっこをしている事は、避けてください。他には、目にいいとされるサプリメントの摂取、そして目やその血流の箇所をマッサージしてあげることです。ドラッグストアなどで販売されている、目を休めるグッズなどもいいでしょう。