生え際の対策

抜け毛を気にしている多くの人は、その箇所によって原因が違うなんて事を気にしている人がいるでしょうか?実は、生え際から抜けていって、頭頂部が薄くなっているという人は多いんです。

 

ですが、頭頂部の方が自身で見る事ができない事、そして生え際なら少しくらいごまかせるという意識からか、頭頂部の心配にいってしまい、生え際は疎かになっている人は、多いですね。生え際の毛髪が抜けていってしまうのは、男性ホルモンの影響だといわれています。

 

テストストロンという物質は、体毛を増やす作用をする上で、どうしても必要な物質です。しかし、このテストストロンが過剰に分泌されてしまうと、体毛を増やす細胞の働きを、抑制してしまうのです。

 

しかも、生え際は育毛剤があまり浸透しにくい箇所でもあり、一旦抜け毛が始まってしまうと、頭皮に比べて回復しにくいという現実でもあります。また、生え際はシャンプーだけではなく、洗顔料の流し忘れが残る場所でもあります。

 

皆さんは、お風呂に入りどのような順序で自身を洗いますか?具体的に言うと、シャンプーと洗顔ではどちらが先でしょうか?これは、個人の好き好きではありますが、身体の事を考えた理論的な結論として話すならば、シャンプーを先にする事をオススメします。

 

理由は、お風呂の蒸気やお湯の効果、洗顔料で洗った事もあり、洗顔後の顔の毛穴は大きく開いているといえます。そこへ、シャンプーやリンスなどを洗い流す事によって、せっかくきれいに掃除した毛穴に、余計なものを流し込んでいる事になるからです。

 

しかし、シャンプーを先にすると、後からの洗顔の泡が髪の毛の生え際に付いてしまいますよね?これをしっかりと洗い流さない事が、生え際の毛髪が後退していく原因とも言われています。

 

当然、シャンプーとリンスをした頭皮と毛髪は、きれいな状態です。そこへ、洗顔の泡が付き、きれいに洗い流される事なく付着したまま泡だけが蒸発してしまったとしたら、頭皮の毛穴に余分な成分が入ってしまいますよね。いずれにしても、洗浄した成分はしっかりとお湯で洗い流す事が重要だといえるでしょう。