円形脱毛症について

円形脱毛症と聞いて、あなたがイメージする事はどんな事ですか?私は、円形脱毛症と聞いて思い浮かべる物は、ストレスです。それくらい、要因として有名ではないでしょうか?まず、円形脱毛症は、本当に丸いコインと同じくらいの大きさで、頭部にハゲができてしまいます。

 

そして大きな特徴が、前兆がなく、ある日突然になるという事。もし、自身がなったとしたら、とてつもなく驚いてしまいますね。しかも、円形脱毛症は、1つで済むとは限られていません。

 

つまり、1人の人間の頭部に、コインと同じくらいの大きさのハゲが、いくつもできる可能性も大いにあるのです。そうなる前に治癒したいところですが、実はこの円形脱毛症、半年もすれば自然に治る病気だとされています。

 

しかしながら、半年もコインはげを頭部に抱えたままの生活は、精神的にきついものがありますよね。そもそもこの円形脱毛症の原因は、なんなのでしょうか?それは、最初にもお伝えしましたが、原因の多くはストレスだといわれています。

 

よく、「ストレスで胃に穴があいた」という事を聞いたりしませんか?それが頭皮で起こったのだと思ってください。何か強烈な精神的ショックを受けた時、人間の血管が収縮してしまい、その部分の粘膜が壊死してしまったのでしょう。

 

それが頭皮表面で起こり、既存の毛髪を保っている事もできず、新しい毛髪を作り出す事もできなくなり、その部分の髪の毛が一本もなくなった状態なのです。

 

しかし、精神的ショックを受けてから、円形脱毛症になるまで、約3〜4ヶ月ほどの時間が空きます。これは、髪の毛の生え変わるサイクルがあるので仕方ありませんが、自身が原因を特定するには、少し時間が空きすぎてしまっているかもしれませんね。

 

円形脱毛症の原因としては他にも、「内分泌異常」「自己免疫疾患」「遺伝的素因」などがありますが、多くは自己免疫疾患が、精神的ショックにより引き起こされるとされています。また円形脱毛症になった人は、再発の可能性が否定できません。

 

治療後5年以内に、円形脱毛症を再発する人は全体の4割にものぼります。その事は、自身でしっかりと理解しておかなければいけませんね。