育毛シャンプーはどうやって選ぶ?

髪の毛のサイクルについて、考えた事はありますか?今まで、頭皮や毛髪に問題を感じたりしなければ、髪の毛に対して、格別に興味を持ったりした人は少ないのではないでしょうか?実は髪の毛にも寿命があります。

 

もちろん、個人差はありますので、一般に平均してのデータである事を、ご了承ください。髪の毛が頭皮から生え始めて、自然と抜け落ちるまでのサイクルは、平均して4〜6年だと言われています。しかし、大人の頭部に生えている毛髪の数は、だいたい10万本。

 

この10万本それぞれに、生え始めた時期があります。ですから、抜け落ちていくのも、それぞれです。頭皮や毛髪に異常がなければ、多量の毛髪がまとまって抜け落ちるという事はありませんので、ひとつの目安にしてください。

 

間もなく寿命を全うしようという毛髪が、頭皮から抜け落ちていく前に、毛穴の奥には新しい毛髪の毛根が生まれています。これは、古い毛髪からの細胞分裂で、新しい髪の毛を作っているのです。

 

そして、新しい毛根から毛髪が生え始め、毛穴の奥から古い毛髪を押し上げていくように、成長していきます。そして、古い毛髪が抜け落ち、頭皮の表面に新しい毛髪が顔を出します。そこから新しい毛髪の成長が始まります。

 

ここから、4〜6年間もの間、新しい毛髪は伸びて切られを繰り返して、あなたの頭部に留まり続けます。そして、寿命を間近に控えた毛髪は、伸びる事をやめてしまいます。その後は、頭皮にしっかりとおろしていた毛根が少しずつ、頭皮表面へ上がって行き、抜けやすい状態へと変化します。

 

その間、毛穴の奥ではまた新しい毛髪が作られる準備がされています。髪の毛のサイクルは、この繰り返しになります。しかし、この4〜6年、頭皮に留まっている事が難しい状態にある人もいます。

 

まだ毛穴の奥で、新しい毛髪が生えてくる準備ができていないのに、抜け落ちてしまう人もいるでしょう。また、頭皮の状態が悪くて、寿命を終えた毛髪が抜け落ちても、新しい毛髪が生えてこない人もいます。ご自身の頭皮の状態を、きちんと理解してみましょう。

続きを読む≫ 2013/08/19 19:36:19

人間の身体には、あらゆるところに毛が生えています。その大部分を占めるのが、頭部に生えている毛髪です。この毛髪にトラブルが生じると、自身はとても気になりませんか?

 

だって、人と合った時に一番目に入る身体の部分は、首から上、つまり頭部と顔なのですから。つまりは、自分の印象を決める大きな要因とも言える頭部のトラブルは、極力避けたいですよね。ですが、この頭部に生えている毛髪。

 

この成分や構造、サイクルなどについてきちんと知っていますか?ここでは、毛髪の中身やその働きについて、お伝えしていきましょう。頭皮に根を下ろし、しっかりと生えているこの毛髪の8割〜9割は、たんぱく質でできています。

 

残りの1〜2割は、水分であったり、脂分であったりしますが、ほとんどがたんぱく質でできているのです。このたんぱく質を詳しく見てみると、アミノ酸でできている事がわかります。アミノ酸といえば、現在、育毛シャンプーで高い評価を得ている成分ですね。

 

アミノ酸系育毛シャンプーは、もともと毛髪に含まれている成分の良質なアミノ酸を使用する事で、毛髪への刺激を極限まで抑える事ができたのです。こういった意味でも、アミノ酸系育毛シャンプーは使用しやすいと言える商品ですね。

 

シャンプーをした後に排水溝を見ると、自分の毛髪がこんなに抜けたのかと驚いた経験はありませんか?実は、人間の髪の毛は約10万本、頭部から生えていると言われています。

 

そして、生え変わるサイクルは平均して男性が3〜5年、女性が4〜6年だとデータが出ています。この事から考えると1日に抜ける毛髪の数は、正常値で50本〜100本になります。この数字を見れば、驚かれる人も多いでしょう。

 

しかし先ほどお伝えしたシャンプーの後、またブラッシングした際にコームに付着した自身の髪の毛の数などを見れば、納得の数字でもあります。抜け毛が気になり始めた場合、まず抜け落ちた毛髪をしっかり観察してみましょう。

 

毛根部分が、綿棒のような毛根部分を付けて抜けていたら、それは特に問題のない、自然な抜け毛だと言えます。髪の毛の事をしっかりと理解する事は、非常に大切ですね。

続きを読む≫ 2013/08/19 19:35:19

抜け毛を気にしている人の多くに共通して言える、原因があります。それは、睡眠が足りていない、毎日のようにお酒を飲んでいるという点です。まずは睡眠について、お話しましょう。成人した大人でも、1日の睡眠時間は6〜7時間、必要です。

 

しかし、現代の大人達がそれだけの睡眠時間を確保しているかと言えば、答えはNoでしょう。人間の身体は、夜寝ている間に変わっていきます。肌のサイクルも、睡眠中に古くなった表面の皮膚に代わって、内部から新しい皮膚が表面へと押し出されていきます。

 

毛髪も同じで、夜寝ている間に延びていきます。睡眠中、脳もお休みしています。もちろん、脳がしっかりとお休みできていない眠りもありますが、起きている時と比べれば断然、働いている状態ではありません。

 

頭皮のすぐ内側にある脳がしっかりとお休みしているという事は、頭皮や毛髪にとっても非常に良い状態です。この時間に、毛髪は伸び、地肌はコンディションを整えます。

 

しかし、夜にしっかりとした睡眠をとっていない人は、頭皮や毛髪をお休みさせてあげていないのです。成長する時間を与えてあげていない事になります。ですから、髪の毛は伸びるのが遅くなり、頭皮の状態も改善されません。

 

その積み重ねで、髪の毛が伸びない、新しい髪の毛が生えてこないという結果に繋がるのです。また、お酒ですが、これは適量ならまったく問題はありません。しかし大量に摂取する事で、血管の中に血液が通りにくくなり、頭皮のすぐ内側にある血管などに栄養が行き渡らなくなります。

 

その結果、新しい毛髪が生えてこなくなります。これが薄毛につながるのです。自身の薄毛を気にされている方に共通して言える生活習慣を改善する事で、薄毛は改善されます。

 

しかしながら、効果を目に見えて実感するまでには、かなりの長い期間を必要とします。そして、改善された生活習慣を継続していく事が重要です。無理のない範囲で、しっかりと自身の状況を見直して改善してください。小さな努力が実を結ぶ日は、必ずやってきます。

続きを読む≫ 2013/08/19 19:34:19

抜け毛の原因として、食生活が大きな原因のひとつだと言えます。食生活が乱れている人は、抜け毛になりやすいと言うのです。では、どのような食生活が整っていると言えるのでしょうか?まずは、中心になる食材ですね。

 

これは好きな物になりがちで、多くは肉が使われています。しかし、肉中心の食生活よりも野菜中心にしたり、魚が中心で考える事を考えましょう。

 

そして、食生活で気をつけなければならない、最も大切な事はバランスの取れた食事という点。抜け毛に効果的な食材と言うのは、数多くあります。たんぱく質を多く含む味噌や納豆、亜鉛を含む魚介類、多数のビタミンなどがありますが、それだけを摂取していればいいという訳ではありません。

 

他の栄養素を含む食材も、バランスよく摂取して行く事が重要です。

 

あと、食生活で気をつけたい事がもう1点。特に女性に多い原因ですが、絶食や偏った食事を取り続ける、いわゆる無理なダイエット方法も抜け毛に繋がる原因のひとつだと言えます。食事を一切取らないという事は、栄養が体内に入ってこないという状態になります。

 

毎日エネルギーを消費して生活している私達が、栄養分を摂取しなければ、当然の事ながら体内に異常が生じます。女性ホルモンの異常、月経などにトラブルが起こる可能性も高く、排卵がない、つまり妊娠できない状態になる人も少なくありません。

 

絶食などを行い、髪の毛が抜け落ちていく事は、ある意味では身体が栄養失調のSOSを発しているともいえます。ダイエットも適度にしなければなりません。

 

こういった事から言えるのは、普段から1日3食、バランスの取れた食事をする事が最も重要だという事になりますね。最後になりましたが、お酒です。暑い季節、ビールが美味しく飲める時期ですが、アルコール成分は抜け毛に大きな影響を及ぼします。

 

アルコール成分を大量に摂取すると、そこに大量のエネルギーが必要とされ、毛髪の形成に必要なエネルギーまでもが使われてしまいます。すると毛髪が細く抜けやすくなったりしますし、新しく生えてきた毛髪が細く弱いというのです。ご自身の為に、どうかバランスのとれた食生活をつづけましょう。

続きを読む≫ 2013/08/19 19:33:19

育毛を考える人、つまり抜け毛に悩んでいる人が自分の頭皮や毛髪の状態を見て思う事は、同じでしょう。「なんで?」なぜなのでしょうか?原因を突き止めなければ、改善の方法も見つかりません。しかし、原因は個人によって違ってきます。

 

まずはよく聞く、「遺伝」です。近い身内に抜け毛、薄毛の人がいると自分もなる可能性が高いというのが遺伝です。特に、既にその抜け毛・薄毛の人と似た髪質の場合は、そうなりやすいと言われています。

 

残念ながら、この原因ばかりは自身でどうにもできません。育毛シャンプーや育毛剤を使用する事や、サロンへ行く事が解決策を見出すきっかけになるでしょう。他には、生活習慣です。食生活や睡眠時間、喫煙の有無が大きく影響します。

 

食生活に関してよく聞くのが、海藻類が髪にいいという話し。赤ちゃんで髪の毛が少なく生まれてきた子には、離乳食でわかめなどを積極的に取り入れてあげるのがいいと、定評があります。また、睡眠時間というのは非常に大切です。

 

人間の身体は、夜造られます。子供の成長も、睡眠中にあり、夜中に成長痛で泣き出す話もよくありますね。夜の10時〜夜中2時までは、身体を作るゴールデンタイムとされていて、この時間に寝ていないと、肌のトラブルを招く原因ともされています。

 

もちろん、頭皮も例外ではなく、この時間に起きている習慣がついてしまうと、すぐ内側にある脳が働いているわけですから、当然頭皮や毛髪に影響が出てくるという訳です。最後の喫煙ですが、タバコが人体に悪影響である事は言うまでもありませんね。喫煙を毎日続けると血管が硬くなって、身体の隅々まで栄養が行き渡りにくくなります。

 

当然、頭皮へ栄養が行き渡らなければ、毛髪の状態も悪くなり、結果的に抜け毛へ繋がります。この生活習慣に関しては、ご自身や家族の協力を得て変える事ができるはずです。

 

そして最も重要だとも言える原因、ストレスについてお話します。自身がストレスを抱えていると、身体にはどのような影響があるのでしょうか?まず、ストレスがあると血行が悪くなります。自律神経が不安定になるからです。

 

血行が悪くなると、先ほどお伝えしたように、身体の隅々まで栄養が行き渡らなくなります。その結果、頭皮や毛髪の状態が悪くなり、抜けやすい毛髪になるのです。ご自身でストレス発散の解決方法を、持っている事をオススメします。

 

また、女性が産後に大量の抜け毛を体験する事は、よく聞く話です。これは、妊娠中のホルモンバランスの状態から、一気に元の状態へと戻る為に起こる症状です。この症状は、一時的なものなので、産後1年経っても落ち着かないようであれば、専門機関に相談する事を考えた方がいいかもしれませんね。

続きを読む≫ 2013/08/19 19:31:19

自身の頭皮や毛髪にトラブルを抱えていると感じた時、どんな方でもそれを解決すべく、色々な術を実践する事でしょう。なぜなら、頭部は自身の外見を決める上で、大きな要素として存在しているからです。

 

ですが、すぐにサロンなどに駆けつける人は少ないのではないでしょうか?まずは自分でできる事をしてみようと思う人が試す事は、頭皮や毛髪へ直接つける物を変える事。そして、生活習慣の見直しですね。

 

睡眠時間や自身が抱えるストレスにも、目を向けた方がいいでしょう。さらに、気をつけて変えていきたいのが、食生活でしょう。ここでは、育毛に力を入れている人には、積極的に摂取して欲しい食物をご紹介しましょう。

 

まず代表的な栄養素として、たんぱく質が挙げられます。動物性のたんぱく質もありますが、できれば植物性たんぱく質をオススメします。植物性たんぱく質が多く含まれる製品としては、やはり豆製品でしょう。

 

納豆やお豆腐、大豆が原料のお味噌などに、多くの植物性たんぱく質が含まれていますが、摂取しすぎると血液がドロドロになったり、内臓脂肪が急激に増える事もあるので気をつけてください。

 

また他にもレバーや緑黄色野菜、マグロやさば、バナナなどに含まれるビタミンB郡、魚介類に含まれる亜鉛、ビタミンなどが挙げられます。

 

ビタミンと一言で言っても、数種類のビタミンが特に育毛にはいいとされていて、ビタミンA、C、Eが効果的だそうです。ビタミンAは緑黄色野菜やうなぎなど、ビタミンCはみかんや伊予柑、イチゴなどの果物に含まれています。

 

またビタミンEはピーナッツや魚介類に多く含まれているといわれています。この結果を総合してみると、どういった事が言えるのでしょうか?「育毛を考える人の食生活は、和食がいい」という事です。和食ほど、たんぱく質を簡単に多く摂取できる食事はないと言っても、過言ではありません。洋食や中華に比べて和食はカロリーも低く、お味噌汁のように多くの食材との相性も良く、一杯でたくさんの食材を摂取する事ができます。

 

しかしながら、反対に育毛を考える人があまり摂取しない方が良い栄養分もあります。それは、栄養バランスの取れていないファーストフードの食事や脂っこいメニュー、インスタントラーメンや炭酸飲料はよくないとされています。

 

こういった知識を得て、食生活を考える事は決してマイナスではありません。ですが、毛髪や頭皮に良い物だけを取るようにして、悪い物を一切取らないという事ばかりをかんがえていても、ストレスになり、それが頭皮や毛髪に悪影響を及ぼしかねません。

 

上に挙げた商品は、あくまで積極的に摂取して欲しい物、比較的抑えて食するようにして欲しい物である事も、覚えておいてください。

続きを読む≫ 2013/08/19 19:29:19