育毛シャンプーはどうやって選ぶ?

初めて育毛シャンプーの購入を考えた時、誰でもその種類の多さに迷うのではないでしょうか?購入してみて、洗い上がり感が違っていたり、香りが好きになれなかったり思う事は、育毛シャンプーに限らず、一般のシャンプーを購入した後でもよくある話です。

 

しかし、失敗する訳にはいきません。
では、何を目安にして、育毛シャンプーを購入すればいいのでしょうか?

 

まずは、自分の頭皮や毛髪の状態を把握する事です。育毛シャンプーには、配合されている成分が種類によって違います。それぞれの種類によって、メリットやデメリット、また効果を表す症状なども大きく変わって来ます。その成分が、自分の頭皮や毛髪の状態に効果をもたらす成分なのか、どうかをきちんと理解した上で商品を選ばなければなりません。

 

育毛シャンプーで、今最も育毛に効果のあるシャンプーとされているのが、アミノ酸系シャンプーです。その理由の1つは、頭皮や毛髪への刺激が少ない事でしょう。特に男性用育毛シャンプーに求められる事は、頭皮や毛髪への優しさ、頭皮や毛髪に付着している汚れや皮脂をきれいにしてくれる洗浄力です。しかし、一方を優先すればもう一方は疎かになってしまいます。

 

ではどちらを優先させればいいのでしょうか?この答えも、頭皮や毛髪の状態によって変わってきますが、優先させるべきは頭皮や毛髪への刺激の少なさでしょう。頭皮や毛髪へ刺激の少ない育毛シャンプーは、その優しさから洗浄力も弱いとされています。ですが、汚れや皮脂が頭皮や毛髪に残っていると、当然悪影響を及ぼします。洗浄力の強い育毛シャンプーは、弱っている頭皮や毛髪に更なるダメージを与えます。

 

しかし、洗髪の方法を少し変える事で、洗い残しを少なくする事は可能です。刺激の少ない育毛シャンプーで、キチンと洗髪する事を心がければ、洗浄力に問題はあまりないでしょう。アミノ酸系シャンプーを使用し、塗れている間はあまりブラシを通さず、シャンプーの際、頭皮を爪で刺激するのではなく、頭皮全体を動かすように指の腹でマッサージして泡立てていく事が大切です。

 

しかし、このアミノ酸系シャンプーが誰にでも効果があるという訳ではありません。
頭皮や毛髪に合わない人もいるでしょう。

 

そういった時の為に、ネット通販などでよく見かける、「効果が感じられなければ○日間は全額返金!」という保証つきの商品です。これなら、自身の症状にあまり効果が感じられなかったり、思っていた商品と違っていても、安心です。

 

初めて購入する場合には、こういった保証を利用して購入する方法もいいですね。

続きを読む≫ 2013/12/04 15:50:04

育毛シャンプーとは、他の一般的に販売されているシャンプーとは違って、頭髪の汚れを落としながらも、毛髪や頭皮への負担を軽減する事を考えられて作られています。
当然、育毛シャンプーと名前がついているのですから、頭髪を育てる為に有効な成分も含まれています。

 

「育毛」と聞くと、髪の毛がたくさん新しく生えてくる事をイメージしがちですが、育毛の意味はそれだけではありません。
今、頭皮からしっかり生えている毛髪を大切にする事も、育毛する事になります。
また、頭皮の状態をより良くしようとする事、そしてそれを保つ事も、育毛という事場の意味に含まれていると言えるでしょう。

 

そして、育毛シャンプーという物は、新しく頭髪が生えてくるような状態にする為のシャンプーではなく、今ある頭髪を健康で、抜けにくい毛髪にしていくために作られたシャンプーなのです。

 

 

そもそも、消費者が育毛シャンプーを購入する事を考え始めたきっかけは、ほとんどの人が同じでしょう。

 

―自分の髪の毛が少なく、または薄くなってきたように感じたから―

 

しかし、その原因を自身で理解して、育毛シャンプーを購入している人は、非常に少ないのではないでしょうか?
なぜなら、原因を自分で解析するのは、難しいからです。
だって、自分の目で見る事ができないですから。

 

自身の頭髪に変化があったのなら、その原因をまず探らなければなりません。
やみくもに、近くのドラッグストアに足を運び、よくわからないまま値段の高い育毛シャンプーを購入して使用していても、効果が現れないでしょう。

 

その理由は、育毛シャンプーの種類の多さにあります。

 

育毛シャンプーという名目で、ドラッグストア等の店舗販売されている育毛シャンプーだけでも、かなりの種類があるでしょう。
それに、ネットなど通信販売だけの商品も併せれば、膨大な種類の育毛シャンプーが販売されています。
頭髪が減少していく原因には、頭皮に油分が付着している、毛髪自体が弱い、ふけやしらみなどの細菌的原因など、様々です。
自身の原因に合った、効果的な育毛シャンプーを選ばなければ、せっかくの商品代金が無駄になります。

 

まずは、自分の頭皮や毛髪の状態をよく理解する事から、育毛は始まります。

 

ではどうすれば、目に見えない自分の頭の状態を確認できるでしょうか?
少し昔までは、育毛サロンなどに足を運んで診断してもらっていましたが、現代は違います。
ネットで「抜け毛 診断」と検索すれば、設問に答える事で簡単な原因を自己診断する事ができます。

 

まずは、そこから育毛を始めてみませんか?

続きを読む≫ 2013/12/04 15:49:04

育毛シャンプーの使用を始めて、どれくらいの期間、使用を続ければ効果を感じる事ができるのでしょうか?

 

まずお伝えしたいのが、育毛シャンプーは育毛剤の補助品のような役目を担っているという事。
育毛シャンプーだけで、髪の毛が生えてくるわけではないという事を、忘れないでください。
育毛シャンプーは、毛髪や頭皮を育毛剤が浸透しやすい状態に整えるために使用します。
ですから、ここで言う効果とは、育毛シャンプーと育毛剤を使用しての平均的な期間をお知らせしたいと思います。

 

まず、育毛シャンプーを使用して、1ヶ月経ったとします。
個人差はありますが、まだこの頃は頭皮を見てもあまり変化を実感はできない頃でしょう。
しかし、シャンプーの際に排水溝へ溜まる抜け毛の量、そこに変化が現れてきているのではないでしょうか?
そして、2ヶ月。
一般のシャンプーを使用していた頃よりも、頭皮の見える部分が少なくなってきたように感じる頃だと思います。

 

これは、育毛剤の効果もあるのでしょうが、やはり頭皮と毛髪のコンディションを整える事で、格段に抜け毛は防ぐ事ができます。

 

また、細くなってしまった1本1本の毛髪に、栄養を行き渡らせ、抜けにくい毛髪を作ります。

 

また、髪の毛が抜けるという原因のひとつに、ストレスが挙げられます。
これは有名ですが、円形脱毛症の多くはストレスが原因だといわれています。
そういった精神面での安定は、育毛シャンプーにはどうする事もできません。
自身に合った解決法を、見つけ出してください。

 

 

そして、そこから半年ほど経てば、使い始めから比べると大きな変化が見られるはずです。

 

地肌が見えていたはずの頭皮の部分に、毛髪があると感じる事ができるでしょう。
そうです。
地肌が見えなくなってきているのです。
育毛シャンプーと育毛剤が、既に生えていた髪の毛のコンディションを抜けにくい髪の毛に変え、地肌を健康な状態に変える事で、新しく強い毛髪が生えてくるようになったのです。

 

 

しかしながら、ここまでで約1年弱という長い期間を要します。
ですが、まずは2ヶ月。
少なくても購入した育毛シャンプー1本は絶対に使い切るつもりで、購入して欲しいですね。
でなければ、効果をわからないまま終わってしまいます。

 

2ヶ月、もしくは1本を使い終わっても効果が現れなかったり、また地肌や毛髪に新たなトラブル等が見られた場合は、即刻使用を中止する事をお勧めします。
その商品は、あなたの頭皮や毛髪の状態に合っていないと、身体の方からのサインです。
見逃さずに、聞いてあげてください。

 

あなたの頭皮と毛髪、あなたが一番大切にしてあげてくださいね。

続きを読む≫ 2013/08/13 17:43:13

育毛シャンプーには、多くの種類が販売されていますが、やはり一般のシャンプーに比べるとどれも価格は高くなります。
しかし、育毛は外見にも、また本人の精神面にも影響を及ぼします。
育毛シャンプーの価格の相場をしっかり理解して、むやみに高価な育毛シャンプーを購入せずに済むようにしましょう。

 

育毛シャンプーの価格と言っても、幅が広く、高価な物はシャンプーだけで1万円以上する商品もありますが、一般販売されている普通のシャンプーと同じ、千円〜2千円程度の商品もあります。

 

これは育毛シャンプーだけに言える事ではありませんが、価格が安いと中に入っている物も良くないという、消費者のイメージはありますよね。
では、価格が高ければ高いほど、中に入っている物は、育毛に効果のある物なのでしょうか?

 

答えはきっと「No」です。

 

 

まず、育毛シャンプーを使用すれば、髪の毛が生えてくるのでしょうか?

 

育毛シャンプーを使用する目的は、育毛剤の浸透をより良くする為なのです。
育毛シャンプーだけを使用すれば、髪の毛が生えてくるわけではありません。
一般のシャンプーを使用して、育毛剤を頭皮や毛髪に与えるよりも、格段に効果を上げるためのもの、それが育毛シャンプーです。

 

そして、育毛シャンプーを使用する事は、頭皮や毛髪の状態を整える事にも繋がります。ここで価格を考えて、安い物を購入し、結果的に後悔する事は、どうしても避けたいですよね。

 

しかし、先ほどもお伝えしましたが、価格の高いものを購入したからといって、高い効果を得られるかというと、間違いなくそうだと言い切る事はできません。
同じ1万円の商品を購入して、「買ってよかった」と思えるくらい商品に納得できる方もいれば、「これなら2千円のシャンプーと変わらない」と思う方もいるでしょう。

 

育毛を考えるそれぞれの方によって、原因や頭皮、毛髪の状態は違います。
シャンプーが合うか合わないかも、人によって違ってきます。

 

しかしお伝えしたデータから、育毛シャンプーのだいたいの相場は4千円〜7千円、平均すると5千円代になります。

 

この結果だけでも記憶しておく事で、商品を選ぶ際にとても役に立ちます。
購入する際、まず安すぎる商品はあまりオススメできません。
なぜなら、安いには安いなりがあるのです。
あまり安すぎると、中の成分は本当に安全なのかをしっかり確認する必要があります。

 

また、反対に購入しようと考えた商品が1万円を越えていたら、その時は、その商品の特徴をしっかりと見極めましょう。
乾燥肌に向いているのか、保湿力や洗浄力、リンスとの相性など、しっかりと情報を収集し、自分の頭皮や毛髪の状態と合っているのかを、見極める力を養う事が大切ですね。

続きを読む≫ 2013/08/13 17:41:13

育毛シャンプーと聞くと、どうしても男性が使用するイメージが強いですね。
最近では女性用の育毛シャンプーも多く販売されていますが、昔から根付いた世の中の人達が持つ感覚は、少しずつしか変化しないものです。

 

しかしながら、ドラッグストアなど比較的手に入りやすい場所にさえ、女性用の育毛シャンプーは販売されています。
わざわざサロンへ出向き、専門家に相談をしなくても、購入する事ができるのです。

 

では、男性用と女性用の育毛シャンプーでは、どのような違いがあるのでしょうか?

 

 

育毛シャンプーとは、頭皮や毛髪の抱えるトラブルを改善して、今ある毛髪を抜けにくい状態にしていくシャンプーです。
という事は、頭皮と毛髪を健康な状態にするという事なのです。
そうする事で、自然と新しい毛髪が生えてくるようになるからです。

 

しかし、今起きているトラブルの原因は、男性と女性によって違っているのです。
原因が違っていれば、処置方法も変えなければいけません。
性別で分けられたシャンプーは、実は原因で分けられたシャンプーと言えるかもしれませんね。

 

では、男性と女性ではトラブルの原因が、どのように違っているのでしょうか?

 

まずは男性の頭皮や毛髪について、考えてみましょう。
男性は女性よりも体脂肪率が低く、筋肉質であると言えます。
しかし、この事が男性ホルモンに影響を与え、皮脂が過剰に分泌される事がよくあります。
頭皮や毛髪までもテカったり、フケが発生したりします。
また頭皮の血行があまり良くないのも、男性の特徴になりますね。

 

それに比べて、女性のトラブルの原因の多くは、正反対の物になります。
そうです。
乾燥です。
女性の頭皮は、男性の頭皮とは違い乾燥しやすい状態が多いようです。
また、女性の抜け毛は、出産後によく見られる症状です。
この時期、女性の身体は非常に敏感なものだと言われています。
ましてや、肌は赤ちゃんの肌と同じくらい弱い状態になっているそうです。
ですから、頭皮や毛髪への優しさは欠かせません。

 

こういった原因の違いから、男性用の育毛シャンプーは洗浄力に重点を置き、女性用の育毛シャンプーでは、保湿性と優しさを最優先に考えられて作られたと言えるでしょう。

 

また、女性は男性よりも、嗅覚が敏感な人が多いとデータにもあります。
この事から、育毛シャンプーでも香りのよいシャンプーを作るため、女性用育毛シャンプーは、一般のシャンプーと同じ様に香りにもこだわって作られています。

 

また、ボトルなどのデザインにも配慮して、おしゃれなボトルが多くなっています。
やはり、「いかにも育毛シャンプー」という商品を女性が購入するには、まだまだ世間の目を気にしなければならないのが、現実のようです。

続きを読む≫ 2013/08/13 17:35:13

「育毛無添加シャンプー」と聞いて、どんなシャンプーをイメージされますか?

 

・無添加という事は、化学合成された成分が入っていない。
・自然にある成分だけで作られたシャンプー

 

というイメージではないでしょうか?
そこから消費者が思う事は、「頭皮や毛髪に優しく、育毛に効果のある成分を配合したシャンプー」に繋がる事でしょう。

 

しかし、ここに大きな落とし穴があります。
実はシャンプーを販売するにあたり、「無添加」と名をつける事に決まり事はありません。
どういった成分が入っていたら、無添加とは言えないのか、決まっていないのです。

 

まず、無添加という事はどういう事なのかと言いますと、話は昭和40年代にまで遡ります。
当時、厚生労働省はアレルギーなどの症状を引き起こす可能性を持つ重要成分102種類を定めました。
それらの成分をまとめて旧表示指定成分と呼びます。
厚生労働省は、この102種類の旧表示指定成分と定め、シャンプーや化粧品に旧表示指定成分を含んでいる場合は必ず記載しなければならないとしたのです。

 

無添加シャンプーとは、この102種類の旧表示指定成分を含んでいないシャンプーの事を指して各社が販売しているようです。

 

これでは、消費者がイメージしている無添加と、各化粧品販売会社が謳っている無添加に大きな相違があるのは、言うまでもありません。
ですが、こういった販売方法が違法だという訳でもありません。
それに、この規約が定められてから現在に至るまで、数十年という月日があり、その中で薬事法も改正されて、全ての化粧品は配合されている成分の名称を記載して、消費者へ伝える義務が課せられています。

 

しかし、どの成分が入っている事が頭皮や毛髪に悪影響を及ぼすのかなどを、詳しく理解した上で、商品を購入している人は、ごくわずかだと言えるでしょう。

 

化粧品やシャンプーなどに配合されていた成分で、一般的にも名前のよく知られた防腐剤でパラベンという成分があります。
パラベンは、防腐剤として多くの化粧品に使用されていました。
誤って口にしてしまっても、身体への影響は少なく安全な防腐剤とされてきましたが、近年、発がん性物質や染色体への影響が懸念されてきました。

 

そこで、自然界にも存在する成分で防腐剤として名を挙げたのがフェノキシエタノールです。
いわゆる、無添加の防腐剤ですね。
しかし、このフェノキシエタノールにも長所と短所があり、パラベンのように発がん性物質や染色体への影響があったという事例はありませんが、妊娠中に使用すると、胎児への影響が出る可能性があると言われています。

 

どの成分にどんな特徴があるのか、消費者である私達が知識をつける努力をしなければなりませんね。

続きを読む≫ 2013/08/13 17:29:13

育毛シャンプーには、一般的なシャンプーには含まれていない育毛を促進する成分が含まれているという違いがあります。

 

では、使用方法にも違いがあるのでしょうか?

 

実は、シャンプーの使用方法としては、大きな違いはないのです。
詳しくお伝えすると、一般シャンプーの正しい使用方法が、あまり皆様に浸透していないと言ってもいいでしょう。

 

シャンプーの正しい使用方法は、あまり理解されていません。
そもそも、一般シャンプーの正しい使用方法が、商品に記載されていないのです。
多くの商品に記載されているのは、「髪の毛を濡らしてから、適量を手に取り、泡立てて汚れを落とし、お湯できれいに流します。」という但し書き程度の内容です。
これでは、正しい洗髪方法が消費者に伝わるとは思えません。

 

では、育毛シャンプーを含め、正しい洗髪方法とはいったいどんな方法なのでしょうか?
詳しく説明していきましょう。

 

まず、洗髪する1番最初に、毛髪に水またはお湯をかけますが、これは毛髪に水分を含ませているわけでも、シャンプーの泡立ちをよくする為でもありません。
ここでしっかりと頭皮まで水分をいきわたらせて、頭皮のマッサージをする事で、頭部に付着している汚れなどはだいたい洗い流せるのです。
指の腹を使い、頭皮を前後左右に動かすようにマッサージしましょう。
また毛髪に関しては、水分を含んでいる間、つまり濡れている間の刺激には、非常に弱い状態にあります。
コームなどを通す事は避け、手ぐしを通す程度にして、毛髪に付着した汚れを洗い流しましょう。
しかし、ただの水分ですので、汗や日常生活の中で付着してしまったにおいまで取る事は、難しいのは、言わなくてもご理解いただけるでしょう。

 

そこで、シャンプーの登場です。
育毛シャンプーだけに関わらず、シャンプー原液をそのまま頭皮や毛髪に付着させる事は、あまり良い刺激だとは言えません。
では、どのように塗布すればいいのでしょうか?

 

あらかじめ、洗面器などの容器に少量のお湯を入れておいて、そこにいつも使用する量のシャンプーを入れ、軽くかき混ぜてから、頭皮や毛髪へ持っていきます。
あまりかき混ぜ過ぎると、洗面器の中で泡立ちすぎてしまうので、注意しましょう。
ここでも指先や爪などは使用せず、お湯の時と同じ様に指の腹でマッサージするようにしましょう。
育毛シャンプーには、育毛を促進させる成分の他に香料も入っています。
ここでゆっくりと時間をかける事で髪の毛に付着した嫌なにおいも、きれいにしてくれるでしょう。

 

最後に洗い流す時は、しっかりと水圧や手ぐしを使って、塗布したシャンプーをしっかりと流してしまいましょう。
ここで頭皮や毛髪にシャンプーの成分が残ってしまうと、頭皮や毛髪の新たなトラブルの原因になりますので、念入りに洗い流すことを心がけてください。

 

上記の洗髪方法は、一般シャンプーにも言えますが、育毛シャンプーを使用する事を考えている人なら、必ず実践して欲しい方法だと言えます。

続きを読む≫ 2013/08/13 17:27:13

育毛シャンプーには、当然ですが、普通のシャンプーとは違う成分が含まれています。
しかしながら、その成分は育毛剤ほど多くは入っていません。
かと言って、効果がないわけではありません。
育毛シャンプーで頭皮と毛髪の状態を整え、育毛剤などの吸収をよくする為の成分が含まれていると考えた方がいいでしょう。

 

 

育毛シャンプーは、含まれている成分によって、大きく3つの種類に分類されます。

 

1つ目は「アルコール系シャンプー」
このアルコール系シャンプーは、洗い上がりのさっぱり感が特徴で、頭皮や毛髪の汚れがすっかり落ちてきれいになったような気になります。
価格も他の種類の育毛シャンプーに比べて、購入しやすい値段に設定されています。
他にも、シリコンやラウリル硫酸なども配合されており、シリコンは頭皮や毛髪に残りやすい、つまり洗い残ししやすい成分なのです。
シャンプーは育毛シャンプーに限らず、洗髪後はきれいに洗い流す事がとても大切です。
頭皮や毛髪が弱っている、育毛を考えている人には、不向きだといえるでしょう。
また、ラウリル硫酸は刺激の強い成分で、必要以上に頭皮にある皮脂を奪い取ってしまう事もあります。
人間の皮膚は、皮脂を必要以上に奪われると、内部から過剰分泌するようになっています。
頭皮も同じで、ラウリル硫酸の使用で皮脂が過剰分泌し、頭皮に余分な油分をもたらす結果になる恐れがあります。

 

2つ目は「石鹸系シャンプー」です。
石鹸系シャンプーの主な成分は、弱酸性の脂肪酸カリウム、つまり石鹸です。
アルコール系シャンプーに比べて刺激が少ない上、洗浄力も適度にありますし毛髪を丈夫にしてくれる事から、育毛のために使用している人は多いでしょう。
特に、油分の分泌が多い人に向いていると言えます。
しかし、デメリットもあります。
石鹸系シャンプーは、洗い方が難しく、またきれいに洗い流す事も他のシャンプーと違って難しいと有名です。
また、石鹸系シャンプーで洗髪した弱アルカリ性になった毛髪の為にお酢やクエン酸配合のリンスを使用しなければならないので、面倒ですね。

 

最後に挙げるのは「アミノ酸系シャンプー」
アミノ酸系シャンプーは、今最も育毛シャンプーとしてメジャーなシャンプーだと言えるでしょう。
と言うのも、アミノ酸とは頭皮や毛髪に含まれているたんぱく質で出来ています。
頭皮や毛髪とは全く違う成分で洗髪するのではなく、同じ成分を使っているので、刺激が少ない上に洗浄力があります。
また、状態の悪い頭皮や毛髪を保湿する働きもあり、美容院などでは多く使用されているのが、アミノ酸系シャンプーです。

続きを読む≫ 2013/08/13 17:24:13